スタッフブログ

視覚障がいについて

(2015.02.04)

こんにちは音譜アクションです(‐^▽^‐)キラキラ

 

今日は気温も高く、春の気配を感じる一日でしたね晴れ

アクションの社内では、今日も賑やかにトランプをしている声が聞こえますニコニコラブラブ

 

本日は乗馬クラブ馬の作業に実習生もおり、昼休みに手話を教えてもらいましたひらめき電球

小学生の頃、聾学校との交流会がありその時に指文字を教えてもらったのですが・・・

忘れてしまうものですねあせるもっと勉強しなくちゃいけませんねガーン

 

さて、昨日課題にあげていた「視覚障がい」についてですが・・・

 

視覚障がいとは「視覚(視機能)が日常生活や就労などの場で不自由を強いられるほどに「弱い」、もしくは「全く無い」ことです。

見える範囲が必要以上に狭い場合や、色や光の強さなど見え方・感じ方は人それぞれです。

スクリーンショット 2015-03-23 17.00.05

 

先日インターネットを見ていると、とても気になる記事を目にしました。

 

それは・・・・「Be My Eyes」カメラというアプリでした。

 

目の見える人が視覚障がい者をビデオチャットでサポートする事ができるアプリなのです。

例えば、冷蔵庫の牛乳をカメラに向け、それをレンズの向こうの相手に賞味期限などを読み上げてもらったり、駅構内での道案内をしてもらったり・・・

私はこの記事を見たとき、本当に衝撃的でした。こんなアイディアがあるのか!!と。

 

誰もが色々な苦悩を抱え、すべてが他人に理解してもらえることばかりではありません。

またそのことに対して知識がなければ、人は恐怖さえ感じてしまいます。

これから、誰もがより生きやすく住みやすい世の中にしていくためには、色々な知識やアイディア・実現力が必要ですね。

これからもアクションは、より笑顔をつなげていければと思います音譜

一日一日を大切に過ごさないと・・・(>_<)

 

ざっくりになってしまいましたが、

伝えたいことは、障がい者だから手を差し伸べるとかそういうことではありません。

人対人として、助け合って生きていきたいんですよね。

そういった偏見や差別が少しでもなくなることを願ってまた明日から頑張っていきたいと思います。

 

今日は写真がないのですが、明日は楽しみにしていてくださいねラブラブ!

雪が降るようなので皆様も外出時には気を付けてください雪

 

ではまた明日お会いしましょうパーべーっだ!

 

サポートクルー 柴田わんわん